稽古風景 肩(三角筋)の波紋

 5月22日の稽古風景です。テーマは肩(三角筋)。大きい筋肉ですが、結構、無意識で、どこからどこへ付いている筋肉かパッと示せる人はなかなかいないと思います。

 

 

 ヒーリング・タッチで三角筋を覚醒させると、大きな波紋が起こります。腕と体幹のつながりもよく出るようになり、胸がより開くことも。

 肩関節周辺は人体の中でも、かなり複雑な構造をしています。筋肉がどこからどこに付いているのか、解剖図と比較しながら、ヒーリング・タッチを使って意識を込めていくことで、思ってもみなかった、『楽』に出会うことが良くあります。

 その『楽』は、頑なに閉ざしたブロックを手放した報酬であり、また持って生まれた身体の可能性を拓いた果実でもあり、誰でも体験することのできるものです。

 関西、東海でも体験できる場があります。是非リンクページへ!

2016年05月24日